2009年07月02日

夏にプレイすべきギャルゲ


夏といえばゲーム
ゲームといえばギャルゲ
ということで夏をテーマにしたギャルゲをプレイしている。
今のところこの3つ


AIR ベスト版

AIR ベスト版

  • 出版社/メーカー: ガンホー・ワークス
  • メディア: Video Game





Sweet So Sweet 水夏A.S+ Eternal Name

Sweet So Sweet 水夏A.S+ Eternal Name

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: Video Game





ラムネ~ガラスびんに映る海~(通常版)

ラムネ~ガラスびんに映る海~(通常版)

  • 出版社/メーカー: インターチャネル
  • メディア: Video Game





既プレイ済みだが、久しぶりにやり直してみると新たな面白さがみつかっていい。
特にAIRは、これまではあまり日常描写が秀逸という印象を持ってはいなかったのだが、やり直してみるとこれが実に面白い。
全てのストーリーを把握した上で最初から読み直すと伏線が上手に張られているのが分かる。

posted by 究極神拳 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

星のカービィスーパーデラックスのDS版には追加要素があった!!!



星のカービィ ウルトラスーパーデラックス

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game




小学生の頃死ぬほどやりこんだけど結局格闘王への道をクリアすることができなかった星のカービィスーパーデラックスのDS版を買ってきた。
秋葉原のメディアランドで非常に安価で売っていたのだ。

今大学生くらいの年齢の人ならプレイしたことのある人も多いと思うが、名作である。

10年ぶりにプレイしてみたのだが、懐かしすぎて氏んだ。
ステージ等はほとんど昔と同じで、グラフィックは相当クオリティが上がっていた。
微妙に追加されている台詞やムービーもいい味を出している。
DS版ドンキーコングはSFCには及ばない印象だったが、こちらはSFC版よりずっといい。


追加要素(以下ネタバレ注意)




はじめにプレイしてみたときは、ミニゲーム以外は追加要素がないのかと思ったが、進めていくとどんどん新しい要素が現れてきた。

 まず銀河に願いををクリアすると、「大王の逆襲」というシナリオが出現。「マジになった」デデデ大王がカービィに全力で挑むという内容で、はるかぜとともにを一段階レベルアップさせたものとなっていて、新ボスが多数登場する。
 次に「メタナイトでGO!」  これはメタナイトを主人公としてはるかぜ〜銀河のステージをプレイすることができる。ラスボスはオリジナル。メタナイト強すぎ
 三つ目は格闘王への道ヘルパー版。キャラ次第では激ムズとなる。
ラスボスはやはり新キャラとなっている。
 最後は「真・格闘王への道」で、上記の追加要素のボスとの連戦であり、ラストは真の裏ボスとの戦いになる。(異常に強い。)



感想


懐かしいだけでなくとてもよくできていた。
ただ、記憶に残っているよりは一つ一つのシナリオがかなり短めに感じた。
長くても全クリに2週間くらいはかかるだろうと思ったが、実際には3日で追加要素まで全部やり終わってしまった。
もちろん基本的にSFC版そのままなのだから短くなったはずはないのだが、年を取って簡単にクリアすることができるようになったからそう感じるのだろう。途中でセーブデータが消えないし。



posted by 究極神拳 at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

東大のリア充と非リア充


東大にももちろんリア充と非リア充がいる。
リア充>非リア充の間に大きな壁がある点も同じだ。
 リア充は持ち前のコミュ力を生かして友好関係の和を広げていき、平日はサークル、休日は飲み会、試験前になると大量のノートやシケプリを集めて高得点を挙げ、充実した大学生活を送るのである。そして就職シーズンになるとそれまで培った絶大なコミュ力とコネによって一流企業に就職していくのだ。考えただけで腹が立つ。
 一方、非リア(ぼっち)は友達ができず、最初の頃は頑張って講義に出席するがやがてやる気が消滅していき、平日はゴロゴロ、休日はもっとゴロゴロして時間を潰し、試験はボロボロ、民間就職は絶望的で公務員になるにも試験勉強がおっくうで、結局はニートとなっていくのである。
 
 まあ、大分デフォルメ化したが、ここまでは他大の非リア事情でも大して変わらないだろう。


●東大は非リアが過ごしやすい?


ただ、東大は比較的非リアには易しい環境なんじゃないかと思う。
といっても俺は他大に通ったことなどないんだけれども

まず、リア充と言ってもDQNはみたことがない。
一度カラフルヘアーな人たちが駒場の旧食堂のテラスで騒いでいたのをみたことがある他は、基本的にただのリア充しかいない。
そりゃそうで、どんだけリア充だろうが、日本最高峰の大学に猛勉強して入ってきた連中なのである。変態はいても、DQNが紛れ込む確率は低いだろう。


そして次に、非リアでもやっていける環境だ。1年次はさすがに人付き合いしないのは厳しいが、やろうと思えば全く関わらないで過ごすことも可能だ。
駒場は騒がしいので人が苦手な非リアには少々キツいかもしれないが本郷は本当に静かである。

最後に、、風土としても非リアやぼっちのような存在は割りと許容されているようにも感じることが挙げられる。
許容といっても真正ぼっちには関係のない話だが、とりあえず少々コミュ力がなくてもグループの輪に入ることは可能だろう。俺みたいな真正ぼっちには関係ないけど。




東大生ブログランキング


人気ブログランキングへ
posted by 究極神拳 at 04:12| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

俺様の大学生活3年間の歴史その2

前回→俺様の大学生活3年間の歴史その1

入学してからの俺の軌跡を辿っていこうと思う。

オリ合宿が終わると、しばらくして講義が始まる(入学式よりも講義開始の方が先なのだ。)
そして通常日程になるわけだが、その前に今後の大学生活に絶大な影響を与える大事なことが一つある。
サークル選びである。



東大ではサークルオリというのがあって、入学してすぐ1日か2日くらいサークル回りをするための日が設けられている。
キャンパス中にサークルや部活が説明所を設けて練習をみせれくれたり、機関紙をくれたりするのである。

俺も一応そこにいった。
行ったのだがキャンパス内をウロウロするだけで全然サークルごとの話は聞きに行かなかったのである。
サークルに仮入部(というのか?)したり、先輩たちの練習をみたりするのがこのサークルオリの目的である。
それがただ周辺をウロウロ歩き回っていただけではなんのためにいったのかさえ分からない。
じゃあなぜサークルオリに行ったのかというと、行かないとなんとなくもったいない気がしたことと、行けばなにか変わるような気がしたのである。
なにか変わるというのは、俺が突然やる気に満ち溢れて運動系サークルに入部したり、サークルオリに来ていたロリ美少女に惚れられたり、ともかくおれ自身の環境が劇的に変化する事件が起こることを期待しているのだ。

もちろんそんな都合の良いことが起こるわけもなく、ただサークル選びに夢中なリア充新入生の騒がしい声に耐え切れずすごすご帰ったのである。
俺のやることはいつもこんな感じで、自分じゃ一歩を踏み出さないくせに何かを期待してウロウロしたりすることがよくあるのだ。

この21年間、ずっとそんな風に生きてきた。
今になって猛烈に後悔しているが時すでに遅し。
もう何かを始めるにも意欲が湧かなくなってしまった。

このブログをみている10代の人は俺みたいにならないように頑張って欲しい。
20をすぎるとどんどんやる気も肉体も衰えていくからね。


↓クリックで投票お願いします。

東大生ブログランキング


人気ブログランキングへ

posted by 究極神拳 at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

本郷に赤門ラーメンを食べてきた


大生板で微妙に話題となってたので赤門ラーメンを食ってきた
場所は東大本郷キャンパスの中央食堂。

中央食堂は麦茶を飲む以外のかたちで利用することが久しく無かった。
食事はいつも構外か、第2食堂で食べる。
東大で飲食可能な所はいくつかあるが、いわゆる「学食」と呼ばれる場所は3つある。
中央食堂・メトロ・そして第2食堂の3つだ。

中央食堂は安田講堂のほぼ真下にある。中央と名がつくだけあって一番大きい。

メトロはそこから少し離れたところで、やはり地下にある。
第2食堂は表からは一番遠い場所で、書籍部の上にある。


法学部の教室からは遠いので第2食堂を利用する法学部生は少ない(らしい)。
しかし、僕はよく書籍部に行くので自然と第2食堂を利用することが多くなるのだ。
また、メトロはなんか密閉空間ぽいので非リアにはキツいし、中央食堂はメニューが好きになれない。(どれもそれぞれ取り扱ってるメニューが違う。)

そんなわけで中央食堂で食事をすることはここのところあまりなかった。
しかしそこで東大名物の赤門ラーメンが売られていると聞いて食べに行ったのだ。

まず食券機で値段をみると370円と書いてある。
ラーメンとしてはかなり安い方だろう。
実際、中央食堂は他の2つと比べると全体的にやや値段が高めなので、それなりの価格を覚悟していたのだが、これにはちょっと驚いた。

で、食券と交換してもらって赤門ラーメンを食べる。
赤門という名前のとおり赤い。
赤いラーメンというのはみたことないと思う人が多いと思うけど
マーボー豆腐のような感じと思ってもらえればいい。
そこにエノギクやら肉やらが入っている。

正直グロくて、先日食べにきたときはポスターに写ってたこのグロさに耐えられずに試食をやめたのだが今回は胃袋の調子もよかったので実際に食してみることにした。

まず、スープは見た目どおりかなり濃い目の味付けだ。
肉はスープと合って結構美味い。もやしがやたら多い。
マーボーよりはエビチリっぽい味だ。(実際、少し辛い)
人によって評価が分かれそうだが、まあ合格点だ。

麺はまあ、もうちょっといい麺使って欲しかったとは思う。
スープを吸収仕切れていない気がした。
もっと加水率が低くてもいいと思う。

というか、麺よりも肉やもやしの量が目だった。
麺はオマケだろう。


全体の評価としてはまあ値段にしては十分美味いといった程度。
そこらへんのまずいラーメン屋よりはずっといい。

でも本郷周辺には美味いラーメン店がたくさんあるから(ま○み除く)ラーメン食べたいならそっちいくけどね。
ただ値段の安さは学食だけあって圧倒的だ。

生協で売ってるらしいので皆さんも本郷に来たときはみやげに買って行ってもいいかもね。


↓クリックで投票お願いします。

東大生ブログランキング

人気ブログランキングへ


posted by 究極神拳 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

ブログランキングの順位が超絶に下がった件


最近更新回数を増やしたにも関わらず順位が下がりまくりです。
どうか支援お願いします。

東大生ブログランキング


東大生ブログランキングの世界をニート色に染め上げてやりませう。
ばいおさんが1位なのは喜ばしいことです。


そして人気ブログランキングにも登録しました
こちらはさらに人数が多くて修羅場が予想されますが支援お願いします。

人気ブログランキングへ

引き続きクリックで投票お願いします

posted by 究極神拳 at 03:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

一緒にとれーにんぐ



話題の一緒にとれーにんぐの紹介




ひなこちゃんと一緒にトレーニングしようとかいうDVDです。
ビリー先生みたいに踊るのではないようで普通の(普通ではないか)筋トレDVDです。
「腕立て」「腹筋」「スクワット」の三種類の筋トレを行います。
簡単じゃんと思うかもしれませんが内容は結構ハードです。そこがいい。
僕は萌えキャラ描いただけで中身が薄い萌える〜シリーズはあまり隙ではありませんが内容がハードな萌えキャラシリーズは好きです。
(戦車学校とか)





では僕はこのDVDで毎日筋トレをしているかというとそうではありません。
僕にとってはビリー軍曹が永遠の師だからです。


追記:声優は公開していないので分かりませんがネットで調べたところ門脇舞以さん説が有力なようです。


↓クリックで投票お願いします
ブログランキング
posted by 究極神拳 at 06:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ブログ売買

前回に引き続いてサイト売買のことについて書く

前回→個人のサイト売買は難しいみたい

前回はサイト売買の大半が企業間のものを想定しているということを書いた。
しかし、個人でも売買できそうなジャンルのサイトが一つある。
それがブログ売買だ。

まえに2chコピペブログが売買されていたのを覚えている人は多いだろうが、FC2ブログなど、ブログ売買を認めている無料ブログサービスは存在する。
サイト売買について調べていくうちにはそのブログ売買サイトを発見した

ブログ市場

正直いってあまり活発に売買されている印象が感じられないが、いちおう多数のブログが取引されている。
ここなら安くでブログを売買することも可能かもしれない。



●でもやっぱり高い・・・


ところが、いくつか値段をみてみるとやっぱり高い・・・
1万円以上がほとんどで中には10万円以上で売買されているものまである。
もちろんその値段に見合ったアクセスのあるブログもあるのだが、正直ちょっとこれは・・・・といいたくなるのもあった。
やはり内容がしっかりしているものほど高い。
高いといっても、金のない学生からみた話だから社会人や企業からしたら大した値段じゃないのかもしれないが、それでもこれは個人間売買としては少しキツいだろう。
ネットで飯を食ってるアフィリエイターならみてみる価値はあるかもしれない。
posted by 究極神拳 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

総バサミとバリカンの違い


2週間ほど前に近所の床屋にいったんだが入り口のドアに

カット(バリカン)1100円
カット(総バサミ)1300円

て書いてあった。
バリカンと総バサミとは一体なんなのか。どう違うのか。

バリカンてのはあのバリカンのことだろうか。
だとしたらバリカンだけで切るということか?そんなことが可能なのか?(いや可能だろうけど。)
総バサミとは何か?バリカンよりほんのちょっと高いということは手間がかかるけどバリカンよりもマシな切り方をしてもらえるということか?
まったくもって不思議でならない。

一抹の不安が残ったがとりあえず入ってみることにした。

平日の昼間だけあって並ばずに散髪台(ていうのか?)に座ることができた。
中年のおじさんがやってきて長さはどうしますか?と聞かれたので眉毛と耳が出るまで短く切ってくださいといっておいた。
するとさっそく切り始めた。カットのみなのでシャンプーとかはない。
会話もなく淡々と切って、15分くらいで終わった。別に何も変わったことはない。普通の散髪だ。

もう2ヶ月くらい切ってなかったのでかなりの量の髪が俺の頭から離れていった。すっきりした。

で、会計のときにおじさんは俺に向けて「総バサミですので・・・1300円です。」と言った。
うーむあれは総バサミだったのか。
事前に総バサミにするのかバリカンにするのか聞かれなかったけどなあ。
てことはデフォルトが総バサミなのか。
たしかにバリカンを使っていた記憶はないが・・・
結局総バサミとバリカンがどう違うのかわからずじまいだった。
ネットで調べてもよく分からないし。気になる。


今回いった床屋は普通にパーマとかも取り扱ってるとこでいわゆる1000円カット店ではない。
政府の締め付け政策のせいで危機に陥っている1000円カットだが、個人的には頑張って欲しい。
参考図書



なんたら衛生法が改正されたらこんな議論もできなくなるんだろうなあ
posted by 究極神拳 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

3つめのコピペブログ売買?


個人のサイト売買について調べているうちにコピペブログが売りに出されているのをみつけた。
ブログ市場というブログ売買仲介サイトだ。
そこの新着案件に東亜news+というブログが載っている。
東亜news+は主に東アジアニュース板のスレを扱うコピペブログで、かなりのアクセス数がある。
これが本当ならアルカン速報、Afterに続いて3回目のコピペブログ売買となる。

しかし、これが本当に東亜news+の管理人によって登録されたものなのかについては疑問ものこる。
案件情報をみてみても何も書いておらず、完全に白紙状態だ。
そして東亜news+でも売買についての告知はなされていない。
今後の情報を待とう。



この本読んだらコピペブログが訴えられたり削除要請されたりすることはないんだろうかと疑問に思った。


posted by 究極神拳 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。